絶対に失敗したくない!建築事務所に相談した家づくりで失敗しないためのコツを紹介!

このサイトは、建築事務所に相談した家づくりで失敗しないためのコツを分かりやすく紹介を行っていて、これを読むことで成功に導くことができるので参考にされることをおすすめします。
一般的に、ハウスメーカーなどに依頼する時と比べるとコストは割高になりがちですが、これも依頼するメリットを把握することで価格が高くなる理由が分かりますし相場を把握しておけば見積もりの金額を見ても驚くことはないわけです。
また、家の設計と施工までを完結している場合での建築費用の内訳についても触れています。

絶対に失敗したくない!建築事務所に相談した家づくりで失敗しないためのコツを紹介!

建築事務所は、管理建築士でもある一級建築士と二級建築士のいずれかが在籍している事務所です。
一級と二級の二つを比べると一級建築士の方が凄いなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、両者の違いは設計を可能にする範囲によるもので一般的な住宅ならいずれも資格でも十分対応は可能です。
建築事務所に家の設計を行うとき、失敗を防止するコツには建築家との相性やコミュニケーション能力、そして過去の設計事例をみたときに自分たちの好みの家を作って貰えるのか否かを確認することです。

依頼する前に知っておきたい建築事務所とは?

注文住宅を建築するにあたり、建築事務所について調べておいたほうがいいことの一つは、その事務所の得意分野です。
自分たちが希望している建築工法が得意かどうか確認することで、依頼するに値する業者かどうか判断できます。
建てる家に関して様々な建築工法がありますので、事前に確認してから依頼することが最適です。
利用する上で大切なポイントを把握することで、納得できる家づくりを実現できます。
業者の中にはそれぞれ得意分野と苦手分野とが存在しているため、ある程度事前に把握しておくことは重要です。
得意分野を公開している建築事務所とは、多くの場合自社のホームページで得意分野について公開しています。
得意分野を公開する建築事務所とはその後方に自信があることを示している証拠であるため、事前に確認して問い合わせすることが重要です。
納得できる家づくりをするためには、複数の事務所の情報を確認してから問い合わせることが重要といえます。

構造設計や設備設計を専門にする事務所もある建築事務所の種類

建築事務所と聞くと戸建住宅やビルなどを、建物を設計する事務所だと漠然と思ってしまいますが、建築事務所にも色々な種類があります。
大きく分けて建物の外観や間取りや内装などを扱っているのが「意匠設計」と呼ばれ、建物の骨組みを考えるのが「構造設計」です。
構造設計には耐震設計を専門とする事務所もあります。
一時期、耐震基準を満たしていない建物が問題になりましたが、構造設計はその建物が地震や台風などで倒れないように重心などを考えながら、柱や梁の大きさや基礎の部分をどうするかなどを計算式によって導き出し、バランスの良い建物となるように設計しなければなりません。
他にも給排水設備を考える設備設計事務所があります。
給排水なんて経路を考えるだけでしょ?と思われがちですが、梁の大きさによっては配管が通らないことや、複雑な排水経路にしてしまうと思うように水が流れずに詰まり逆流してしまうこともあります。
また給水管を長くし過ぎると、給湯器からのお湯がなかなか出てこないなど意外と難しいのが給排水設計です。
大きな建物を建てる際には、各分野を専門とする建築事務所に依頼するのが一番ですが、しかしどこに依頼して良いのか分からない場合は、意匠設計を得意とする建築事務所に相談すると、構造や設備事務所を紹介してくれるかもしれません。

混同されやすい建築事務所と設計事務所の違い

建築事務所と設計事務所は混同されがちですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。
実は名称が異なるだけで特に業務に違いがあるわけではなく、どちらも同じなのです。
設計事務所とも言われる建築事務所には3種類あり、「アトリエ系」と「組織系」、「それ以外の工務店や工事会社など」です。
アトリエ系というのは、特に個人の作家性やアート性を重視した設計を行うところで、磯崎新都言う建築家が事務所を創設した時会社名に「アトリエ」という言葉を入れたことから、デザイン性の強い設計をする事務所をアトリエ系というようになりました。
組織系というのは規模が大きな建築事務所のことで、スタッフも一人ではなく多数いてその会社だけで建築構造や設備などの計画や設計をすることが可能です。
アトリエ系がどちらかといえば個人的な事業所であるのに対して、組織系は中小の事務所ということです。
そのほかに工務店などといわれるところもあり、それらをすべて含めて建築事務所といわれています。

建築事務所で建てる外観にこだわった住宅

一生に一度の大きな買い物となる家の購入は、後悔せずにこだわりたいと誰もが考えます。
長く暮らすことになる家だからこそ家族の生活スタイルに合った家づくりをしたい考える人達から、人気を集めているのが建築事務所でこだわりの家づくりをすることです。
一般的な建売住宅では間取りや家づくりに使用される資材は既に決まっていて、自分の要望を細かく取り入れて家づくりをすることは難しいです。
一方で建築事務所では外観はもちろん、家の中の壁紙や建具や木材なども相談しながら家づくりを進めることが出来ます。
家づくりをする上で設計の自由さや他の誰とも被らないデザインなどを、予算に合わせて相談することも可能です。
また家づくりのプロである建築事務所への相談は、実際に暮らしやすいかどうかなど長く暮らすために重要なポイントをアドバイスしてもらえるメリットもあります。
家の購入を相談しながら進めたいと考える人は、信頼出来るパートナー選びを始めてみてはいかがですか。

筆者:平山房雄

筆者プロフィール

長野県軽井沢町生まれ。
建築事務所に勤めていた経験をもとに記事を書いています。
軽井沢で建築事務所を探す!